栄町のギャラリー2軒

栄町のギャラリー2軒を急ぎ足でハシゴ。

マイケル・デウィック写真展タントテンポ
フラフープを持った女性がとてもチャーミング。ヌードのサーファーよりもむしろ。ちなみにヌードはイルカみたいに泳いでるの(ポストカード)がよかった
あと、波に向かって歩く男たち。「至福の時間」を求めているはずの後ろ姿が、なぜかうなだれているところがドキュメンタリーな感じ。「疲れてるけどやめられない」みたいな。求道者みたいな。

宇宙と金魚と天使 PECHU作品展PAXREX
金魚に刺青をしたような。痛々しい美しさ。描く側も刺青職人のようにボールペンを使ってるのかも、と想像してみたり。この作家さんが描く女性を見てみたい。
[PR]

by kobefun | 2008-11-21 16:40 | kobe  

<< 「細江英公の世界」を観た-演出... 神戸もこの金沢のように >>